38-09

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:18/4/19

今日は大切な日なんです♪

プロテインシェイプアップというのは、
体操しながら不足しがちな栄養素を、
プロテインサプリメントで補いながら、
筋肉もつけ、基礎代謝をあげて痩せていくという
ダイエット法です。

基礎代謝とは、
人間が生活していく上で、
体質にとって最低限必要なエネルギーのことをいいます。

毎日の生活習慣を変えずに、カロリー消費量をアップするためには、
プロテインシェイプアップなどで、
基礎代謝を上げることが、最も効果的だと思われます。

プロテインとは、たんぱく質のことで、
たんぱく質は20種類のアミノ酸からなっています。

プロテインダイエットは、
このたんぱく質とアミノ酸を上手に肉体の中に取り込むことで、
痩せることや健康になる方法なのです。

プロテインは、
たんぱく質の含まれる量によって2種類に分けられます。

一つは、スポーツ選手などで筋肉量を増やしたい人向けに開発された、
たんぱく質含有量が80~90%と高配合のプロテインです。

もう一つは、たんぱく質の含まれる量が、
それほど高くないタイプのプロテインです。
たんぱく質量を抑える代わりに、カルシウム、ビタミンや鉄分など
いろいろな栄養素を、バランスよく配合しています。

健康維持やダイエット目的などで利用する場合は、
後者のタイプになります。

プロテインシェイプアップでは、
プロテインの摂取量が大切になります。
プロテインの必要量は、
食事内容、運動強度、体重などによっても変わってきます。

自分でプロテインの量を調節するのは難しいので、
市販されているものを利用すると便利だと思います。

プロテインを上手に活用して、
シェイプアップを成功させましょう!

・・・と、書いてみるテスト

入間 賃貸の情報
入間 賃貸おすすめ
https://www.townhousing.co.jp/shop/iruma/

aws 構築の案内
aws 構築はここへ
https://cloudpack.jp/

寿司 カウンターはこちら
寿司 カウンタードットコム
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/the-sushi/

関東学院高校の優良サイト
関東学院高校
http://syknews.net/archives/140.html

関東学院高校の案内
関東学院高校ならおまかせ
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1259150790/l50

38-06

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:18/3/19

基礎代謝を上げることが、
シェイプアップ成功への近道のようですね。

基礎代謝を高めるには、いくつかの方法があります。

まず、
筋肉量を増やすことで基礎代謝を高めることができます。
出来ることから始めて、
適度な体操で脂肪を燃焼しやすい体質づくりを心がけましょう。

例えば…
日頃から姿勢を正し無駄な脂肪をつけないようにする
ヨガや柔軟などで筋肉をつける
エスカレーターを使わずに階段を使う
毎日三十分程度歩く
…といった感じです。

ところで、みなさんは、
夏より冬のほうが
基礎代謝が高くなるって知っていますか?

夏は気温が高く、
肉体の中の熱を発散させて
体温を下げようとするので、基礎代謝は低くなります。

逆に冬は冷えた肉体を暖めようと
熱を産出するので、基礎代謝が高くなるのです。

このように
基礎代謝には体温を維持するエネルギーが含まれるので、
体温を上げてそれを維持しようとすることで高まります。

ですから、
冷え性は大敵です。
冷え性の方は、お腹まわりや足首を冷やさないようにしたり、
お風呂に入って肉体を温めたりして
冷え対策をしてみてくださいね。

また、
食事をすると安静にしていても代謝が高まり、
エネルギーを発生します。

食事を抜いてしまって低栄養の状態になると、
体の細胞の活動力が減退し
基礎代謝は低下してしまいます。

特に冬は、
からだを温めてくれる作用のある
唐辛子や生姜、ネギ、根菜などを
料理に取り入れると効果的です。

ご飯は1日3食きちんととり、
とくに7時食をしっかりと食べると、
体温が上昇し、基礎代謝アップにつながりますよ。

入間 賃貸のことなら
入間 賃貸クリック
https://www.townhousing.co.jp/shop/iruma/

aws サービスチェック
aws サービスはここへ
https://cloudpack.jp/service/plan/

寿司 カウンター
寿司 カウンタードットコム
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/the-sushi/

関東学院高校へ
関東学院高校はここへ
http://syknews.net/archives/140.html

関東学院高校
関東学院高校の詳細
http://matome.naver.jp/odai/2142596038906878901


関連記事


おすすめ記事