38-06

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:18/6/03

記憶の軸が少しずつずれはじめたお母さんが、
姉の家族と暮らすようになって10年になる。

母親の容態が急変することはなかったが、
記憶の糸は緩やかに、しかし確実に細くなっていく…

今では、母にとって
毎日会えないミーは、
どこかのお姉さんであったり、
誰かの奥さんであったりする。

そんな母親が去年の春、
急な発熱で慌ただしく入院した。

そのことを告げる電話での姉のゆっくりとした口調が、
かえって母親の緊迫した状況をうかがわせた。

ナースステーションからよく観察できる位置のベッドで
お母さんは眠っていた。

義歯をはずしたクチ元はくぼみ、
そこから息が洩れ続けることだけを祈りながら
蒼白いお母さんの顔をみつめた。
とうとう…という言葉が頭を過ぎる。

ありがたいことに、
熱は上下しながらも少しずつ平熱に近づいていき、
入院からみっか後、一般病棟の個室に移ることができた。

快方に向かってはいたが
熱発の原因が不明とのことで、
姉貴とおいらは
交代で1日中母に付添った。

体温が安定しないことが不安だったこともあるが、
母と二人きりになれる時間を
わたしは大切にしたかった。
ここなら、今なら、照れずに思いきりやさしくできる…

食べる事前、おしぼりで手を拭いてやると、
「ありがとうございます。すみませんねぇ」と
他人行儀なことを言う。

ミキサーで砕いた形のない食事でも、
「ああ、おいしい」と目を細め、
介助するおれに、
「ねえさんも、おあがんなさい」と気を遣う。

童謡のCDを流すと、
言葉を覚えはじめた子どものように語尾だけを口ずさみ、
指で調子をとる。

多くの言葉を忘れてしまっているはずなのに
プラス指向の言葉だけが出てくることは、
母親を世話するおれにとって
何より心安らぐことだった。

上大岡 賃貸の最新情報
上大岡 賃貸、今すぐ
http://www.townhousing.co.jp/shop/kamiooka/

awsとはの専門です
awsとはの案内
https://cloudpack.jp/

虎ノ門 カフェは当サイトへ
虎ノ門 カフェ
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/pastry-shop/

関東学院高校におまかせ
関東学院高校のコツ
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1259150790/l50

中野慎介
中野慎介の最新情報
http://www.e-kami.or.jp/kenaf/round/41994.html

38-04

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:18/5/03

「10時、早く起きて一緒に歩かないか?」

夫がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきてウエスト周りを気にしている、
なにか体操を始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、ぼくは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはり体を動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできる運動は限られている。
夫の提案は、渡りに船だった。

こうしてぼくたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより1時間ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

僕たちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくる子供のこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

9時の散歩の効果かどうか、息子の出産は安産だった。
旦那も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
おれたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。

松戸 賃貸はここへ
松戸 賃貸の案内
https://www.townhousing.co.jp/shop/matsudo/

aws セキュリティクリック
aws セキュリティ、今すぐ
https://cloudpack.jp/service/option/securitypack.html

六本木 バー
六本木 バークリック
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/rooftop-bar/

関東学院高校
関東学院高校の専門です
http://syknews.net/archives/140.html

関東学院高校
関東学院高校、今すぐ
http://matome.naver.jp/odai/2142596038906878901

38-09

マイライフをどんどんと報告していきますブログ:18/2/03

Goodevening♪

減量を実現するためには…
「摂取するカロリーを減らす」か「消費するカロリーを増やす」
いたってシンプルですね。

摂取するカロリーを減らすのなら、食べる量を減らすことです。
食べる量が少なくなれば、やせます。
一方、消費するカロリーを増やすのなら、運動をすることです。
運動量を増やすことで、カロリーの燃焼量も増え、やせることができます。

皆様は、どちらの方法を選びますか?

ここに「人間のさが」とも言うべき本音が出てきます。
本来、人間は怠け者です。
楽をしたいと思う生き物です。

ですから、減量をするときにも楽をしたいと思い、
「食べる量を減らすダイエット」を
選択してしまいがちなのです。

もちろん食べ過ぎているのなら、
食事量を制限する必要はあります。
食べる量が適正でなければ、ダイエットの成功は難しいですからね。

しかしシェイプアップを、
「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意です。

やせようと思うなら、必ず「運動」が必要です。
よく動くことで、筋力がアップします。
筋力と体力を増やすことにつながります。

これはどういうことかというと、
長丁場の勉強を乗り越えたり、大きな仕事を乗り越える
土台をつくるということです。

また筋肉量が増えれば、
エネルギーの燃焼を高めるための基礎代謝量を増やすことにもつながります。

すると、
活力あふれる肉体になるだけでなく、
太りにくいからだにもなるのです。

急に激しい運動をしたときは、
一時的に「筋肉痛」というデメリットがありますが、
それ以外にこれという大きな弊害は見当たりません。

食べない減量だけでやせようとしないことです。
必ずトレーニングを取り入れるようにしましょう。

―地球滅亡まであと427日―

多摩センター 賃貸はここ
多摩センター 賃貸はこちら
http://www.townhousing.co.jp/shop/tamacenter/

aws vpnの案内
aws vpn
https://cloudpack.jp/service/spin-off/vpn.html

東京 ホテル レストラン
東京 ホテル レストラン
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/

中野慎介の専門です
中野慎介
http://www.a-nponet.jp/connect/330446.html

中野慎介、今すぐアクセス
中野慎介ナビ
http://www.kazusanomori.com/scproject/action.php?id=9155717


関連記事


おすすめ記事